学生・研修医の方へ

HOME学生・研修医の方へ ‣ 医局員の声

医局員の声

半田 恒明
医師(病棟副医長)

硝子体手術を中心とした網膜硝子体疾患と眼科入局後の教育プログラムを担当しています。
眼科研修は、大学で専門的な知識、技術を学ぶことと、症例豊富な病院で多くの疾患に触れ、治療、手術を経験することが重要です。愛知医大では瓶井教授の専門である網膜硝子体の分野だけでなく、大学外の各分野の第一線の専門家が専門外来を行い、専門的知識、技術を学べる環境が整いつつあり、若手の眼科研修に力を入れています。
また大阪大学と連携した研修プログラムを作成しており、実戦的で症例豊富な連携病院で研修することもできるようになっています。

トップへ
メニュー
新入医局員募集
愛知医科大学病院ホームページ
愛知医科大学ホームページ
愛知医科大学眼科学教室 on facebook